ご存じないかもしれませんが、「ポケットWiFi」という単語はワイモバイルの登録商標となっているのです。ただWiFiルーターの一種であるという理由から、今では普通名詞だと認識されているようです。

LTEと言われているのは、携帯電話であったりスマートフォンなどで利用される最先端の高速モバイル通信技術です。3G通信と4G通信の間に位置する規格という意味合いもあって、WiMAXと同じく3.9Gの範疇に入っています。

WIMAXの「ギガ放題プラン」だったら、ひと月のデータ通信量には制限がないですし、キャッシュバックキャンペーンを活用すれば、月額料金も3000円台に抑制できますから、最高のプランだと自信をもっておすすめできます。

WiMAXにつきましては、大元であるUQだけに限らず、MVNOと称されている事業者が販売しております。当然速さだったりサービスエリアが違うということはないと明言しますが、料金やサービスには開きがあります。

いつもWiMAXを使っているのですが、先入観無しでモバイルWiFiルーターを比較し、「本当に申し分ないルーターはどれになるのか?」を確認したいと思っているところです。

自宅は当たり前のこと、外にいる時でもネットに繋げられるWiMAXではあるのですが、仮に自宅でしか利用しないとおっしゃるなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりもホームルーターの方がいいでしょう。

WiMAXのレベルアップ版として登場することになったWiMAX2+は、従来モデルであるWiMAXの3倍という速度でモバイル通信が可能だと言われています。その他通信モードを変えれば、WiMAXとWiMAX2+に加えて、au 4G LTEも使用出来る様になっています。

LTEと遜色のない高速モバイル通信ができるWiMAXという通信規格も人気です。おおよそノートパソコンなどで使用するという人が多く、「好きな時間に好きな所で高速通信ができる」というのが最大の利点だと思います。

私の方でワイモバイルとWiMAXという2つのモバイルWiFiルーターの速度や月々の料金などを比較してみましたが、上位機種においての下り最大速度を除いたほぼすべての項目で、WiMAXの方が上を行っていることが分かりました。

「月額料金」・「速度制限の有無」・「データ通信容量」・「サービスエリア」という4つの要素で比較をした結果、誰がチョイスしても文句のつけようがないモバイルWiFiルーターは、何と1機種だけというのが現実でした。

今の段階ではWiMAX2+の通信可能エリアには含まれていないとおっしゃる方も、現状提供されているWiFiルーターにて、今までのWiMAXにも接続可能となっていますし、加えてオプション料金を払うことにより、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋げられます。

プロバイダーによって開きがありますが、キャッシュバックの額そのものは驚くほど高いと言うことはできないけど、申請手続きなどを手間暇が掛からないように工夫しているプロバイダーも存在しております。そのあたりも比較した上で選択することが大切です。

「WiMAXのサービスエリア確認をしたけど、確実に電波が届くのか?」など、ご自身が毎日毎日モバイルWiFi機器を使っているエリアが、WiMAXを使用することが可能なエリアなのかそうでないのかと困惑しているのではありませんか?

WiMAXモバイルルーターと言いますのは、WiMAXのモバイル通信網を使うことによって、タブレットまたはパソコンなどのWiFi機能が装備されている端末とインターネット回線を繋げる為の小ぶりの通信機器なのです。

モバイルWiFiを購入したいなら、ひと月の料金やキャッシュバックキャンペーンなどについても、きちんと把握している状態で選ぶようにしないと、近い将来絶対に後悔することになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です